大腸がんの症状を知る|病気を知って正しく対処しよう

血液の癌の改善

マスクをした男性

悪性リンパ腫とは血液のがんのことを言います。血液のがんには悪性リンパ腫の他にも、白血病や多発性骨髄腫などがあります。これら血液のがんは以前までは不治の病として認識されていた病気になります。ですが最近では、がん研究が進んだことや造血幹細胞移植、分子標的薬、免疫療法などの新しいがん治療が誕生したこともあり、治すことが出来る病気になっています。

悪性リンパ腫の治療を始める際には、病気を正しく理解しておくことが重要です。病気と向き合って効率の良い治療を進めていきましょう。まずリンパ球は白血球の仲間で、身体の免疫力に大きく関わっている細胞であるということを理解しておきましょう。ですが悪性リンパ腫にかかるとは、リンパ球そのものががんになり、リンパ管ががんに侵されてしまいます。するとしこりや腫れなどの症状を引き起こしてしまうのです。リンパ系は血管と同様に全身に張り巡らされています。そのため悪性リンパ腫という病気は、全身いたるところの細胞や臓器に発生してしまうというのが特徴としてあります。

悪性リンパ腫の治療方法としては、その他のがん治療と同様に放射線治療、抗癌剤治療を行ないます。悪性リンパ腫には放射線治療や抗癌剤治療が効果的であるため、多くの場合この治療方法を組み合わせることで、改善していくことが出来ます。また悪性リンパ腫には種類があり、その種類に合わせて使用する抗癌剤の種類を変更することで治療効果をより高めていくことが出来ます。