大腸がんの症状を知る|病気を知って正しく対処しよう

すい臓がんを治す

カウンセリング

がんは国内でも患者数の多い病気になります。中でもすい臓がんは死亡率の高いがんの1つです。このすい臓がんは初期症状が自覚しにくいという特徴があります。発見した際には進行が進んでおり治療が難しくなっていることが多い病気なため注意が必要です。新宿の内科では、早期発見が難しいすい臓がんでも、最新のCTやMRIを使用することで、的確に診断出来ることが出来るようになっています。また新宿の内科では、日本膵臓学会が発表した診療ガイドラインに沿って診断や治療を行なうことが出来ます。

患者さんの病気の状態や状況を判断して、新宿の内科ではすい臓がんの内科的治療法を選択することがよくあります。新宿の内科で行なうすい臓がんの内科的治療法としては、放射線治療や化学療法の2種類があります。これらの治療方法は一般的に併用することが多い為、すい臓がんの化学放射線治療や放射化学療法という風に1つにまとめて呼ばれることもあります。これらの治療方法は腹膜転移、すい臓周辺の血管や神経への浸潤などの度合いによって選択する治療方法を選択します。また他にも遠隔転移や放射線治療でカバー出来ない場合に化学療法の批准を多めにするなどの方針がとられるのです。新宿の内科では、医師とカウンセリングを行ないながら、患者さんにベストな治療方法を一緒に考えてくれます。カウンセリングの段階で、治療に関して不安や疑問がある場合は、しっかりと解消しておくことが重要です。しっかりと相談して治療に臨みましょう。