大腸がんの症状を知る|病気を知って正しく対処しよう

大腸がんの対策

病院

国内でも発症するのが多い病気ががんです。このがんには様々なすい臓がんや悪性リンパ腫のように様々な種類がありますが、なかでも患者数が多いのが大腸がんです。大腸がんは年々患者数が多くなっており、その死亡率も高いためしっかりと治療を行なうことが需要になります。

大腸がんが発生する方法としては、主に2つのパターンがあります。まず1つめは大腸の内側の粘膜部分に発生した、ポリープと呼ばれている良性腫瘍ががんに変化するパターンです。そして2つめは粘膜部分からちょくで大腸がんが発生するというパターンです。大腸がんは粘膜部分から浸潤が進む前であれば早期の段階と診断されます。この段階で病状を食い止めることが出来るのが理想ですが、早期の大腸がんを自覚することはほとんど出来ません。大腸がんを自覚する症状としては血便、下血、下痢や便秘を繰り返す、腹痛、腹部のしこりなどがあります。他にも貧血や体重減少、嘔吐などの症状が見られるようであれば、大腸がんの可能性があるため、早い内に病院で検査を受けておきましょう。大腸がんはその症状から痔と勘違いする人も多いです。そのためコチラで紹介した大腸がんの初期症状を総合的に把握しておくことで、大腸がんの可能性も視野に入れておきましょう。大腸がんの検査を受ける際には、内科か消化器科を受診すると良いでしょう。また大腸内視鏡検査であれば、街のクリニックや診療所でも受けることが出来るので、事前に確認しておきましょう。

看護師

最新のがん治療

横浜クリニックでは世界でも注目を浴びている免疫療法を受けることが出来ます。免疫療法は従来の3大がん治療の副作用やデメリットを補なうことが出来るため、多くの患者さんが治療を希望しています。

血液の癌の改善

マスクをした男性

悪性リンパ腫は白血病や多発性骨髄腫と同じ血液のがんの仲間です。不治の病と言われていたこれらの病気も、医療の進歩により現在では改善していくことが出来る病気になっています。

すい臓がんを治す

カウンセリング

新宿の内科ではすい臓がんの内科的治療を受けることが出来ます。病気の状態にあわせて治療方法を選択することが出来ます。また放射線治療や化学療法を組み合わせることで効率良く症状を改善していくことが可能です。